防草・除草・雑草対策のインターレジェンス 放射線検知器の新設・更改 重曹ブラストなど取り扱ってます

インターレジェンス工法とは

人にも環境にもやさしい”インターレジェンス工法”

重曹(IL)を高圧で雑草に噴き付けると急速なネクロシス(細胞壊死)を起こす効果が発見され、安全性の高い雑草防除材として注目を集めています。加えて、農林水産省・環境省より「農作物、人畜および水産動物に害を及ぼす恐れがないことが明らかである」ものとして無登録での使用ができる「特定防除資材」に指定されています。

重曹は、古くから胃薬としても使われており、食品にも多く使われています。主婦の方には、台所、お風呂の洗浄等でお馴染みかもしれません。また重曹は、アルカリ性材なのでアジサイ・ラベンダーなどアルカリ性の土を好む花を綺麗に咲かせる事も可能で、トマトの根元(土)に重曹の粉末を振りかけるとトマトの酸度が低くなり甘味が増したりします。

水に溶かした重曹(IL)を雑草の茎・葉・地面・地中に高圧で噴き付けます。噴射を受けた雑草は、エチレン発生、細胞崩壊で水分維持ができなくなり20分~1時間で黄色変化し枯れていきます。根の強い雑草には、2~3回の処理が必要であり土中噴射も効果的です。

重曹(IL)による土壌のアルカリ性化が根の矮性化につながります。
またインターレジェンス工法は漢方薬治療に似て、処理回数を重ねるごとに雑草の根を弱体化させ抑制します。

 

 

●太陽光発電・メガソーラー敷地内
●通信中継基地局
●河川法面・周辺、道路際、フェンス際
●高速道路・インターチェンジ・鉄道線路際
●史跡、名勝、観光施設
●教育施設の校内・法面
●公園、墓地、ドッグラン
●住宅の玄関・庭・芝地

お気軽にお問い合わせください TEL 0725-20-2801 受付時間 9:00~17:00 [土・日・祝日は除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

241Amによるプラスチックシンチレーター型放射線検知装置の試験

241Amによるプラスチックシンチレーター型放射線検知装置の試験の記事を掲載しました。 詳しくはこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社 ナニワプロジェックス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.